ドラムレッスンについて

最終更新: 2020年8月27日

OneNoteミュージックスクールのドラム講師、棟 允嗣(むね ただつぐ)です。


今回はドラムレッスンに関する投稿です。


講師が練習中。。。ちょっと散らかってます。。。
OneNoteミュージックスクール ドラム室

当スクールでは、生のドラムセット専用の防音室を備えております。

そして、他のスクールではない様な本格的なドラムセットを常駐しております。

YAMAHAのMaple Custom Absoluteシリーズです。

バスドラも20インチとなっておりまして、様々な音楽にも対応します。

よく置かれている22インチのバスドラムですと、子供や背の低い方などは叩きにくい事がありますので、20インチはちょうどいいサイズです。

また、置いているシンバルも、私が普段プロの現場で使っているシンバルです。

ZildjianのConstantinopleシリーズもありまして、これは楽器店の方に驚かれました(笑)

これからも、できるだけいい機材を置いて、初めての方にも最初から「良い音」を体験していただきたいと考えております。



YAMAHA EAD10 マイク部分 これ一個で収音できるなんて

YAMAHA EAD10 こちらで音色をいじれます。もはやドラムじゃない音にもできたりw

加えて、YAMAHAのEAD10、こちらの機材は、バスドラ上部に取り付けることで、ドラム全体の音を収音できてしまうという優れものです。









そして音にリバーブをかけたりコンプレッサーをかけたりして、生音より迫力のある音で録音できます。